wild okuwa の クワガタ樹液採集メモ

クワガタの樹液採集が大好きです。特に、オオクワガタ、ヒラタクワガタ です。クヌギやニレの大木の洞に潜むクワガタを狙っています。材割はしません。クワガタは、ほとんどキャッチ&リリースです。メスを捕獲することもありません。自然の姿を見るだけで癒されます。

140908 High-altitude working vehicle

こんばんは。
いつもナイスポチ、コメントありがとうございます。
今回も長文になりますが、お付き合いください。
 
2014年9月8日 晴れ 31度 
 
本日は、クワ馬鹿道さんと採集です。
 
目的は、20mラインのとんでもない高所を攻めることです。
 
「伝説の木」の前で待ち合わせです。
 
待ち合わせ場所に行くまでに、採集しながら行きます(いつものパターン)。
 
採ってくれといわんばかりに、洞から出ています。63くらい。スルーです(笑)


 
 
今シーズン一度も行っていない木、クヌギの大木。
今シーズン、行ってない木が多いです。どうしても、有望な木に行ってしまいますね。
 
樹液が枯れ気味か・・・・
 
眺めていると、・・・8m高所に、大あごが見えました!。
 
3.8m梯子では届かない・・・5m梯子忘れた・・


 
仕方ない、木のぼりすることに・・・
 
5m・・6m・・7m・・8m・・・
 
メクレの中に、いる!
 
簡単に取れた。
 




ピッカピカの2次発生個体。


さて、PM7:00 待ち合わせ場所の「伝説の木」に到着。
 
 
 
なぜ「伝説の木」というかは、次の理由(以前も説明しましたがもう一度)。

   クワ馬鹿道さんが、過去にここで、オオクワを採集している。

   2010年に、私が、72upヒラタを採集した。

   毎年、65upのヒラタが採れる。

   2013年9月23日に、クワ馬鹿道さんと、この木でオオクワを採集した。

   の写真がこれ↓



 
 
 
しかし、この伝説の木は、10m以上の高所に、多くのウロがある。
いつも、下から、デカヒラタが出入りする様子を、指を加えて、見るだけだった。
デカい!!と思っても、あまりに高所なので、手も足も出なかった。
 
また、オオクワメスが採れたのだから、オスもいるに違いない、いるとしたら、高所の洞にいるはず、といつも思っていました。
 
10m、15m、20mのあちこちに、ウロはある。
 
いつかは、あの高所の洞を攻めたい!・・・
 
しかも、ウロはななめ下をむいているので、木登りも危ない。
 
さて、どうするか?・・・・
 
 
なんと!!! クワ馬鹿道さんが、それを攻略する、必殺車を借りて来てくれました!!
 
それは・・
 
 
 
 
 
これです!!


 
 
高所作業車!!!


 
前から、自家用に欲しい欲しいと思っていた車です(汗)。
 
それをレンタルしてくださいました。
 
この作業車は、22mまでの高所に行くことが出来ます。
 
10m以上の車の運転は、特別な技術講習・資格が必要なようです。
 
そのため、運転手が必要です。
 
運転手は?

クワ馬鹿道さんの、友人または、採集の弟子?のAさんです。
(クワ馬鹿道さんのことを「師匠、師匠!」と呼んでいました(笑)。私のことを、「神様」と呼んでいました(汗)・・・変な入れ知恵しましたね、クワ馬鹿道さん!)
 
Aさんの運転で、高所に上がります。↓


積載重量200kg 3人乗れます。
 
10m・・・
 
15m・・・
 
20m・・・
 
ぐんぐん上がります。下を見ると怖いです。
 
20mラインの洞!!


念願の洞、見たかった!
覗くと、58upのヒラタがいました。
 
 
18mラインのメクレ 樹液ダラダラ・・
 


15mライン洞!
 


上に続く、洞がある。何かいそうだが、手前には確認できす・・・
 
13mラインの洞!
 


これは!オオクワが入っても、おかしくない洞。洞は複雑で、3か所入り口がある。
奥深くへと続いている。確認できず。
 
10mラインの洞
 


クワ馬鹿道さん、ヒラタと格闘。逃げられる。
 
10mラインの洞、メクレ
 


複雑。。
 
 
8mラインの洞、メクレ
 


クワ馬鹿道さん、デカヒラタと格闘!!
 
 
ゲットです!!


 
 
真下を向いている洞。6月に、クワ馬鹿道さんが、70upヒラタを確認。
 


本日は、何もいない。
 
先ほどのデカヒラタのサイズ。


 
 
ピッカピカの2次発生個体!
 
この個体は、Aさんに差し上げる。大喜びされた。
 
続いて、別の木に行く。
 
その木は、先週、クワ馬鹿道さんが、確実に70は超えている個体を発見した木。
 
しかし、本日は、お留守。
 
ここで、タイムアップ。
 
レンタルの、高所作業車を返さないといけないので、PM9:20解散となる。
 
長年夢見た、高所の洞を確認できたことは、ほんとに興奮しました。最高の夜でした。
複雑な洞が多くあり、オオがいてもおかしくない感じでした。
 
高所作業車に乗って、20mラインまで行くという、貴重な体験ができました。
 
改めて、クワ馬鹿道さん、Aさん ありがとうございました!!


 
 
気を付けてね♪
 
その後、私は、深夜の森に消えていく・・・・(毎回同じパターン、汗)
 
深夜の森に1人。とてもさわやかで、気持ちいいです。特に今日は月がきれい。
 
未舗装をぐんぐん突き進む。


 
斜面登るか、藪こぐか、とにかく、しんどい場所に、大型やオオはいるはず・・・
 
うーん、60ヒラタ・・



樹液ダラダラの洞! 樹液臭ぷんぷん!


 
そーと、覗くと・・・
 
 
!!!!!
 

大あごをこちらに向けているが・・
 
なにこれ?
 
湾曲?!!
 
まさか!
 
しかし、右あごは、湾曲していない・・・
 
雌雄同体?・・・
 
と、混乱しているうちに、ウロの奥にするすると、ゴキブリにように、逃げていきました(泣)
 
おそらく、ヒラタでしょうが、変な形でした♪
 
 
とても、興奮した夜でした。
 
終わり。
 
長い間、お付き合いありがとうございました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://wildokuwa.jp/tb.php/255-7241e98c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

wild okuwa

Author:wild okuwa
自然が大好きな中年男性です。小学校の頃、昆虫少年で、タガメやオオクワガタを追いかけていました。中学から大人まで、採集から遠のいていました。子供が生まれ、「お父さん、クワガタを買って」と言われ、「クワガタは買うものではないよ。採るものなんだ。」と述べ、採集に連れていき、自分がはまり再燃しました(笑)。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

2020新規開拓 (4)
2020樹液採集 (14)
2019新規開拓 (2)
2019樹液採集 (14)
2018樹液採集 (28)
2018新規開拓 (16)
2017樹液採集 (23)
2017新規開拓 (12)
2016樹液採集 (31)
2016新規開拓 (10)
2015樹液採集 (43)
2015新規開拓 (18)
2014樹液採集 (27)
2014新規開拓 (6)
2013 樹液採集 (9)
思い出の採集 (6)
WILD OOKUWA (7)
標本 (6)
採集道具 (7)
KNIVES (8)
懐中電灯 (7)
廃道 隧道 廃校 ダム (7)
OTHER (15)
未分類 (2)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

NOW COUNT

現在の閲覧者数:

COUNTER

Template by たけやん