wild okuwa の クワガタ樹液採集メモ

クワガタの樹液採集が大好きです。特に、オオクワガタ、ヒラタクワガタ です。クヌギやニレの大木の洞に潜むクワガタを狙っています。材割はしません。クワガタは、ほとんどキャッチ&リリースです。メスを捕獲することもありません。自然の姿を見るだけで癒されます。

130925 SYNDROME

こんばんは。
いつもありがとうございます。

さて、本日は、2013年にアップしたブログの再掲載です。


本日のBGM↓



(2013年9月25日投稿分)
こんばんは。
9月25日の樹液洞採集です。
 
クワバカがかかる病気にはいろいろありますね(笑)。
「気になる木症候群」- 運転中でも木が気になるなど
「黒虫病」-黒い虫は、錯覚してクワガタと思ってしまう。
「道具代用症候群」-お店に行けば、これは、採集道具に使えないか、つい考えてしまう。
「夢見症」-オオクワをとる夢を頻回に見る。
などなど。
 
今日は、散歩道さん命名の、「採れるまで症候群」について。
 広義の意味では、本命が採れるまで通う ということですが、狭義には、逃したクワガタを採るまで通うという意味になります(勝手に定義)
 ウロで、採り逃がしたクワガタが気になり、何度もその木に通うことありませんか?
 「あれは、絶対7cm超えていた!」とか「あれは、オオだったに違いない!」と思いますよね。
 「逃がした魚は大きい」と同じで、ウロでのサイズや、逃がしたサイズは、実際より大きくみえますね。
そのような時、採れるまで、クワバカは同じ木に通いますね。素人や悪質な採集者は、ウロを破壊したり、煙幕いれたり、強引に採ろうとしますが、残念ですね。
 
「採れるまで症候群」
  軽症ー2-3回行っても採れないなら、あきらめる。
 中等度ー10回以上、同じ木に行く。
  重症ーいつも毎日逃したクワガタのことを考え、採れるまで、とことん通う。 
 もちろん、これは、ウロが複雑で採る難易度が高いほど、重症度が進行していきます。
 簡単にとれれば、軽症ですみますね。
 
さて、家から一番近いポイントでの話です。
家から7分くらい行ったところにポイントがあるため、仕事帰りや買い物帰りに気軽に寄れるところです。
9月4日の採集記に載せた木です。クヌギの大木で、洞のあるほれぼれする木です。この木を見つけたのは、3年前くらいです。「灯台下暗し」はこのことですね。こんな近場に、良い木があるなんて気づきませんでした。
近所も開拓してみるもんですね。
 
9月4日に採集記にのせたように、この近所ポイントで、65.65mmのデカヒラタが採れました。
 
その後、9月9日に洞を覗いてみると、再び、デカヒラタの影がありました。
もう新成虫が入ったの?と疑問に思いました。この洞は、2mくらいのところにあり、複雑で、入り口は、小さく、中は広い構造になっています。まさか、2匹、この広いに洞にいたのかなとも思ったくらいです。
 
この洞の断面図です。
 


 
B地点にいるデカヒラタを抑えることはできても、入り口まで、手繰り寄せることができません。
途中で、ピンセットから外れて、C地点に落下してしまいます。


9月9日に、トライしましたが、案の状落下しました。入り口は狭く、視界が悪いので、思うようにいきません。
この後、採集できるまで、多くの日数を要するとは、思ってもみませんでした。リベンジ採集の繰り返しとなりました。




9月10日。この日はいませんでした。どこを探しても姿は見えず、奥の奥か見えないところにいるのでしょう。


 

 
9月11日。この日は、いました!B地点で樹液を吸っています。しかもメスと交尾中です。ピンセットで押さえます!しかし、そこからが、ふんばりが強く、動きません。手繰り寄せることもできません。持久戦になります。少しずつ、たぐりよせようとします。その時、スルッと外れました。C地点に落下です(泣)


 
 
9月12日。この日は、姿はありません。どこにもいませんでした。また見えない所にいるのでしょう。


 
 
9月18日。やはり、B地点で樹液を吸っています。今日は、ピンセットで押さえ、マジックハンドのような器具でつかむ計画です。
まず、押さえました。踏ん張るどころか、後ろにあとずさりしようとします。すごい力です。
マジックハンドのような器具を入れようとした瞬間、すり抜けて、落下です(泣)


 
9月20日。一度触れると、次の日はいないということが分かったきたので、1日あけました。
この日は、やはり、B地点にいました。オオクワでは、考えらないことですね。オオは一度触れると出てきませんものね。
何とか入口近くまで引き寄せたのですが、ピンセットから外れました(泣泣)。後ろに下がっていきました。


 
9月25日。5日空けました。
今日も、B地点にいました。ピンセットで抑えます。そして、今日は、もう1本、引っかけ棒で、ひっかけます。
そしてゆっくり、入口に手繰り寄せます。ゆっくり、ゆっくりと。


 
よし、大あごが見えてきました!


 
もう少し!


 
ここまで、来れば、あとは指を挟ませて採ります。

 
何とか、とり出しました。




 
 
65.10mm


 


 
ワイルドって感じですね。傷や、泥がたくさんついています。


 
 
結局、見つけて以来、この木に、8回通ったことになります。
「採れるまで症候群」治癒です。
 
しかし。本日 9月27日、見つけた別の木のウロに、大あごが見えてしましました。おそらく大型です。
 
スズメバチが多くて近づけませんでした。
 
また「採れるまで症候群」の病気が再発しそうです(笑)。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://wildokuwa.jp/tb.php/237-4cb47f5c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

wild okuwa

Author:wild okuwa
自然が大好きな中年男性です。小学校の頃、昆虫少年で、タガメやオオクワガタを追いかけていました。中学から大人まで、採集から遠のいていました。子供が生まれ、「お父さん、クワガタを買って」と言われ、「クワガタは買うものではないよ。採るものなんだ。」と述べ、採集に連れていき、自分がはまり再燃しました(笑)。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

2020新規開拓 (4)
2020樹液採集 (14)
2019新規開拓 (2)
2019樹液採集 (14)
2018樹液採集 (28)
2018新規開拓 (16)
2017樹液採集 (23)
2017新規開拓 (12)
2016樹液採集 (31)
2016新規開拓 (10)
2015樹液採集 (43)
2015新規開拓 (18)
2014樹液採集 (27)
2014新規開拓 (6)
2013 樹液採集 (9)
思い出の採集 (6)
WILD OOKUWA (7)
標本 (6)
採集道具 (7)
KNIVES (8)
懐中電灯 (7)
廃道 隧道 廃校 ダム (7)
OTHER (15)
未分類 (2)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

NOW COUNT

現在の閲覧者数:

COUNTER

Template by たけやん