wild okuwa の クワガタ樹液採集メモ

クワガタの樹液採集が大好きです。特に、オオクワガタ、ヒラタクワガタ です。クヌギやニレの大木の洞に潜むクワガタを狙っています。材割はしません。クワガタは、ほとんどキャッチ&リリースです。メスを捕獲することもありません。自然の姿を見るだけで癒されます。

190111- 骨董ジャンボリー 天然オオクワ発見! ANTIQUE JAMBOREE

こんばんは。
前回記事にナイスポチ、コメントありがとうございます。
年末年始は、親友家族と寒いのにキャンプ三昧でした。新規開拓も少ししましたが、
またいつか記事にするかもしれません。

今回は、先週の東京出張での散財メモとなります。備忘録。

出張の合間にウロウロしました。(いつ仕事しているのかと聞かないでください)

日本最大の骨董市 骨董ジャンボリーが、東京ビッグサイトでありました。






目当ては、ウランガラスや、戦前瓶

ボトルシアターのビン博士の店

みかん水瓶など購入 みどりの小瓶さんにも会えました。
びん博士の庄司氏より貴重な瓶の話を聞けました。
幻のラムネ瓶探しの旅の話など。
みどりの小瓶さんからは、ボトルディギングの話などお聞きし、ワクワクしました。

アルフィーの坂崎氏の店もありました。ウランガラスがたくさんありました。
写真NGでした。女性ファンがたくさん群がっていて近づけない状態でした。




昭和レトロの店もたくさんありました。


牛乳瓶の店


この店最高でした。幻の薬瓶ありました。


西洋アンティークの店も多数ありました。ジュモー200万でした(怖)


展示は、レトロ小学校グッズでした。


そして驚いたのは、ある骨董店に、30年前のクワガタ標本があったのですが、
その中に、75mmぐらいのワイルドオオクワがあったのです。

その店主の話によると、「ある旧家のご主人から骨董を買い取りに行ったときに、この標本を手に入れた。そのご主人は標本家でもあり、300万かけて、世界のクワガタ標本を集めた。大型のクワガタばかりだった。その中でも一番高いのが、この日本のオオクワだったそうだ。オオクワを100万円で購入したとのこと。」だそうだ。

どこまで本当の話かわからないが、この標本箱は50万円で売られていました。
単品販売はしないとのことです。

30年前というと、1980年代、まだ輸入解禁にあまりなっていない時代にこれだけ集めるとは、恐ろしい。

オオクワも黒いダイヤと言われ、1000万の値がついた時代?、あながち本当かもしれない。

写真NGだったので、ボカシで掲載↓

一番下の段の左から3番目のオスがオオクワ

75mmのワイルドオオクワ、いつか採集したいものだ(無理)


その夜は、オオ採集者のO氏と会いました。


材割しない、メスは逃がす、単独採集が好きなどの採集ポリシーが同じで、クワ談義で盛り上がりました。
開拓話、採集苦労話は尽きませんね。

採集したオオの標本も見せてもらいました。すばらしかったです。


ワイルド感ばっちりです。大興奮しました。

次の日の早朝 護国寺骨董市に行きました(笑)
東京は、日の出から骨董市が開催されていてうらやましいです。



また合間に、上野の国立博物館 1階で、国宝の日本刀を見てまわりました。
やはり、本物をみると、いろいろ勉強できます。

もちろん、ここにも行きました。


丁度、九州の刀匠 左文字展が開かれていました。





あとは、子供たちと妻におみやげを買いに行きました。

子供たちには、マムートとノースフェイスのゴアテックスジャケット

この店はお気に入り。各階にブランドがあります。種類も豊富。




新春セールでお買い得でした。

ミナ好きの妻へは、代官山のミナペルホネンのものをプレゼント





あとお決まりのパネライとジョンロブに行き、試着のみ pam616は廃盤か。



夜は、ジャズライブに行った。
東京ミッドタウンのビルボード東京



美しいピアノ、野太いべース音でノックアウトされました。





その次の早朝 富岡八幡宮骨董市に行った(笑)




仕事のあと、よく寄る横丁でラーメン食べる。




さて次の日の朝、東京最大のフリーマーケットに行った(笑)
600店も出店されるそうです。





ここは骨董もたくさんあるが、現代ものもたくさんありました。
価格破壊がおきていた。100円均一、200円均一の店が多かったです。
500円が高く思えました。

戦利品はたくさんありましたが、割愛します。瓶ゴロゴロですので。

また本日のウラン反応で掲載します(笑)

充実した出張でした(笑)。

(いつ仕事しているのと言わないで)

以上、東京散財日記でした。

最後までありがとうございました。





 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://wildokuwa.jp/tb.php/2-5e357fc2

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

wild okuwa

Author:wild okuwa
自然が大好きな中年男性です。小学校の頃、昆虫少年で、タガメやオオクワガタを追いかけていました。中学から大人まで、採集から遠のいていました。子供が生まれ、「お父さん、クワガタを買って」と言われ、「クワガタは買うものではないよ。採るものなんだ。」と述べ、採集に連れていき、自分がはまり再燃しました(笑)。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

2020新規開拓 (4)
2020樹液採集 (14)
2019新規開拓 (2)
2019樹液採集 (14)
2018樹液採集 (28)
2018新規開拓 (16)
2017樹液採集 (23)
2017新規開拓 (12)
2016樹液採集 (31)
2016新規開拓 (10)
2015樹液採集 (43)
2015新規開拓 (18)
2014樹液採集 (27)
2014新規開拓 (6)
2013 樹液採集 (9)
思い出の採集 (6)
WILD OOKUWA (7)
標本 (6)
採集道具 (7)
KNIVES (8)
懐中電灯 (7)
廃道 隧道 廃校 ダム (7)
OTHER (15)
未分類 (2)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

NOW COUNT

現在の閲覧者数:

COUNTER

Template by たけやん