wild okuwa の クワガタ樹液採集メモ

クワガタの樹液採集が大好きです。特に、オオクワガタ、ヒラタクワガタ です。クヌギやニレの大木の洞に潜むクワガタを狙っています。材割はしません。クワガタは、ほとんどキャッチ&リリースです。メスを捕獲することもありません。自然の姿を見るだけで癒されます。

160207 NEWPOINT 32 NEBUTO!

こんばんは。
前回記事にナイスポチありがとうございます。
いつもありがとうございます。

本日の標本
ワイルドユダイクスミヤマ 93.4mm 2002年8月採集

大迫力です。もう、これほどの大型の野外品はなかなか出ないでしょう。

本日のタガメ 1匹目

2匹目


まだエサをガンガン食べますね。冬眠しませんね。

さて新規開拓に行ってきました。

2016年2月7日 晴れのちくもり 気温13度

この道を枯れ枝を切りながら、突き進みます。



➀クヌギ 洞あり  70up居住OK 樹液痕に乏しくいまいちか


②クヌギ 黒々とした樹液痕だらけ


メクレ多数


高所に黒々とした樹液痕つき洞あり ズーム


③コナラの大木 樹液痕 洞、メクレあり


ノコやカブトパーツ多数あり
 


枯れ枝切りと藪漕ぎに活躍したナイフたち。
M4X


QTR8

QTR3



④ニレの大木 ネブトがいそうな洞


やはりいた! チタン棒 初めて使用


大あごで挟んできた。


泥をとると・・


28ぐらいか。リリース


⑤クヌギ中木 大きな洞あり 樹液痕だらけで真っ黒

洞は、縦30cm×横10cm 上にも洞あり。

裏側は、爆裂していた。



根元にはクワパーツ多数

ここは期待できそうな感じ


夏が待ち遠しいですね。

 
         2014年9月撮影 73upヒラタ

最後までありがとうございました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://wildokuwa.jp/tb.php/143-3d28000d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

wild okuwa

Author:wild okuwa
自然が大好きな中年男性です。小学校の頃、昆虫少年で、タガメやオオクワガタを追いかけていました。中学から大人まで、採集から遠のいていました。子供が生まれ、「お父さん、クワガタを買って」と言われ、「クワガタは買うものではないよ。採るものなんだ。」と述べ、採集に連れていき、自分がはまり再燃しました(笑)。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

2020新規開拓 (4)
2020樹液採集 (14)
2019新規開拓 (2)
2019樹液採集 (14)
2018樹液採集 (28)
2018新規開拓 (16)
2017樹液採集 (23)
2017新規開拓 (12)
2016樹液採集 (31)
2016新規開拓 (10)
2015樹液採集 (43)
2015新規開拓 (18)
2014樹液採集 (27)
2014新規開拓 (6)
2013 樹液採集 (9)
思い出の採集 (6)
WILD OOKUWA (7)
標本 (6)
採集道具 (7)
KNIVES (8)
懐中電灯 (7)
廃道 隧道 廃校 ダム (7)
OTHER (15)
未分類 (2)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

NOW COUNT

現在の閲覧者数:

COUNTER

Template by たけやん