wild okuwa の クワガタ樹液採集メモ

クワガタの樹液採集が大好きです。特に、オオクワガタ、ヒラタクワガタ です。クヌギやニレの大木の洞に潜むクワガタを狙っています。材割はしません。クワガタは、ほとんどキャッチ&リリースです。メスを捕獲することもありません。自然の姿を見るだけで癒されます。

161015 KUTUWAMUSI

こんばんは。
前回記事にナイスポチありがとうございます。

さて、秋になり気温も下がり、新規開拓の季節になってきましたね。

新規開拓の時、草原を歩いたり、藪漕ぎもするのですが、その時、多くのキリギリス系のバッタに遭遇しますね。

秋の夜長を鳴き虫の声を聴いて過ごすのはいかがでしょうか?

昔から日本人には、虫の声を楽しむ文化がありましたね。

万葉集にも出てくるそうです。

1552: 夕月夜心もしのに白露の置くこの庭にこほろぎ鳴くも

2158: 秋風の寒く吹くなへ我が宿の浅茅が本にこほろぎ鳴くも

などです。こほろぎは、秋の虫の総称のようです。

江戸時代になると、虫売りがいて、豪商や武士が虫かごに鳴き虫を飼っていたそうです。
好きな浮世絵師の鈴木春信の絵にも虫かごが出てきます。




この竹製の虫かごいいですね。

骨董屋を探しましたが、見つかりません。ヤフオクで手にいれました。

これ↓


鳴き虫おすすめの図鑑







凄い量の虫です。写真も豊富ですぐに同定できます。


鳴き虫の採集本のおすすめはこれです。↓


後藤氏の長年にわたる、採集歴から生み出された、深い経験値に基づく話が満載です。とても参考になりました。

やはり、年々数が減っているようであり、ポイント保護のため、メスは採らないようにすすめられていました。メスは鳴かないしね。

新規開拓は撃沈しましたので、鳴き虫採集に切り替えました。

秋の夜長、虫の声を聴きましょう。

できれば、王者であるクツワムシが欲しいです。(うるさいけど)

夜間採集が簡単ですが、あえて昼間採集に挑戦しました。

2016年10月15日 晴れ、くもりのち小雨 気温20度

こういった葛の葉が群生しているところを網でたたきながら、歩きます。



お、早くも、幼体が。




さらにすすむと・・・カヤキリ







たくさんいた↓




お、ツユムシ系だ。今夜はこの音色を聴こうかな。




そして、ついに現れました!

王者が!!



クツワムシ!!





ゲットです!





よく見ると、タイワンクツワムシですね。何匹かいました。





普通のクツワムシ



数匹持ち帰る。

別の竹籠に入れる。





↓このツユムシは、江戸時代?の竹籠に。









電気を消すと、午後7時ぐらいより、鳴き出す。

ツユムシがおとなしくて、良い音色。

一方、クツワムシは?

「ガチャガチャ」と大音量です(笑)

油の切れた、機械音みたいで、個人的には好きですね。

たぶん、寝れると思います(笑)








最後までありがとうございました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://wildokuwa.jp/tb.php/101-5e5c810b

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

wild okuwa

Author:wild okuwa
自然が大好きな中年男性です。小学校の頃、昆虫少年で、タガメやオオクワガタを追いかけていました。中学から大人まで、採集から遠のいていました。子供が生まれ、「お父さん、クワガタを買って」と言われ、「クワガタは買うものではないよ。採るものなんだ。」と述べ、採集に連れていき、自分がはまり再燃しました(笑)。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

2020新規開拓 (4)
2020樹液採集 (14)
2019新規開拓 (2)
2019樹液採集 (14)
2018樹液採集 (28)
2018新規開拓 (16)
2017樹液採集 (23)
2017新規開拓 (12)
2016樹液採集 (31)
2016新規開拓 (10)
2015樹液採集 (43)
2015新規開拓 (18)
2014樹液採集 (27)
2014新規開拓 (6)
2013 樹液採集 (9)
思い出の採集 (6)
WILD OOKUWA (7)
標本 (6)
採集道具 (7)
KNIVES (8)
懐中電灯 (7)
廃道 隧道 廃校 ダム (7)
OTHER (15)
未分類 (2)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

NOW COUNT

現在の閲覧者数:

COUNTER

Template by たけやん