wild okuwa の クワガタ樹液採集メモ

クワガタの樹液採集が大好きです。特に、オオクワガタ、ヒラタクワガタ です。クヌギやニレの大木の洞に潜むクワガタを狙っています。材割はしません。クワガタは、ほとんどキャッチ&リリースです。メスを捕獲することもありません。自然の姿を見るだけで癒されます。

201019 新規開拓73 オフロードバイクで開拓。

こんばんは。
いつもありがとうございます。


さて、本日は、オフロードバイク ヤマハセロー225
 で、車の入れない、細い山道を入って行こうと思います。

a0.jpg


バイクのエンジンをかけようとしたら、かかりが悪い。
バッテりーが寿命のようです。3年も交換していないので、交換します。つねに予備があります。

a1.jpg
a2.jpg


無事エンジンは快調にかかりました。

2020年10月19日 晴れ 気温20度 夜間15度 寒い

こんな丘に入って行きます。クヌギ、ニレが多いです。
a3.jpg
a4.jpg
a5.jpg
たくさん洞がみつかりました。どれもお留守。

a7.jpg
a8.jpg

このクヌギの洞に、洞ノコがいました。
a9.jpg
a10.jpg
a11.jpg
a12.jpg

さらに洞
a13.jpg
a14.jpg

台場風コナラ
a15.jpg


とあるニレの木の高所アップ。
a16.jpg
a17.jpg
ロクマル君がいます。
a18.jpg
a19.jpg

クヌギ大木見つかる。直径1mぐらい。
a20.jpg
a21.jpg

だんだん、暗くなってきた。高所にクワが見えますか?
a22.jpg
ズーム!
a23.jpg
a24.jpg

さらにスズメバチとクワ
a25.jpg

ボクトウガの目の光を頼りに、樹液木探す。
a26.jpg

寒いのにノコ健在です。冷え込みます。
a27.jpg

a28.jpg

とある木に、ノコが!
a29.jpg
a30.jpg
a31.jpg

この時期、湾曲したノコが見れるとは!

最後までありがとうございました。

おまけ;バイク遍歴 
高1の時に、中型免許所得。通学に使用OKな珍しい高校だった。

最初に乗ったバイク HONDA CB125(画像拝借)

a34.jpg

次に、HONDA VT250(画像拝借)
a35.jpg

次 KAWASAKI GPZ400R(画像拝借)
a36.jpg

次 LEAD 90(画像拝借)
a36-1.jpg

この後、車にシフトし、しばらくバイクに乗っていなかった。
子供が生まれ、落ち着いたころ、スーパーカブ90 中古 警察官が使用していたもの なぜか金色だった。(画像拝借) を購入。

kabu.jpg


そして、今のセロー225(画像拝借)
2_202010211227013e3.jpg

ちなみに、現在バイクは3台所有で、他には、エリミネーター125がある。あまり乗っていない。ボロボロ。

a37.jpg
もう一台は、アドレスV100(画像拝借)
L_6591130582097d9bd397eae3d0.jpg

201012 新規開拓72 黒こげ樹液木 BLACK TREE

こんばんは。
いつもありがとうございます。

仕事帰りに、新規開拓行ってきました。

すぐに日が暮れるようになったので、わずか2時間が勝負でもあります。

17時30分スタート


2020年10月12日 晴れ 気温25度

こんな道から入り、藪漕ぎをしていきます。藪といっても枯れ枝が多いです。p2.jpg

早速ありました。

真っ黒にこげたクヌギ樹液木です。黒焦げはワクワクしますね。


p4.jpg

上のメクレにまだいますね。
p5.jpg

アップ!
p5 -1

こちらも黒く樹液焼けしたクヌギ樹液木 まだ樹液が染み出ていますね。
p6.jpg

下には、クワパーツあり
p7.jpg

深いメクレのあるクヌギの木
p8.jpg

奥に何かいますね。
p9.jpg
p10.jpg

これも真っ黒黒焦げクヌギ樹液木 シーズン中に出会いたかった。まだ蝶がついている。
p11.jpg

居残り君がいました。
p12.jpg

お次は、ニレの大木に洞があり、その洞は真っ黒笑。黒い樹液焼けあり。
そして、洞の下の樹液の染み出たところで、洞の主が樹液を吸っていました。
私に気づき、あわてて戻ろうとしています。連続写真でどうぞ。

p13.jpg
p14.jpg
p15.jpg
p16.jpg

お次も、ボコボコクヌギ洞。洞の中に何かいますね。

p17.jpg
洞ノコでした。
p18.jpg

いつものニレの洞
p19.jpg

また別のロクマル君が入っていました。
p20.jpg

日が暮れてくる。クヌギ大木にロクマル幹這い君。

p21.jpg
p22.jpg

別のクヌギ中木の洞
p23.jpg
p24.jpg
ロクマルオーバー

クヌギ大木 割れ目洞
p25.jpg

上に黒い塊が挟まっています。
p26.jpg
ロクマルオーバー

別のニレの大木
p27.jpg
ゴーマルオーバー

1本のクヌギ大木に?
1匹目
p28.jpg
2、3、4匹目
p29.jpg

そして、5,6,7匹目笑
p28-1.jpg
ムカデ、スズメバチ、スズメバチでした笑。

結果一部
p30.jpg
真ん中64 右端65

なんと、この時期、65upありました。
p31.jpg
p32.jpg

まだまだいましたね。
早めに帰ります。


そして、60年代のレコードを聴きながら、ドルクスを眺めるのであります。
プレーヤーは3台あるのですが、
1台目は、英国製のノッティンガム 初動は手で回し、静寂な中に重厚な音が聞けます。鉄の塊で非常に重いプレーヤー

p0-1.jpg

2台目は、DENON DP700 モノラル専用にしています。
p0-2.jpg

3台目は、1970年代のDENON DP60M
土台の天然木のせいか澄み切った音がします。ジャズの臨場感をうまく表現してくれます。
p0-3.jpg
本日聞く予定のレコード
IMG_4481.jpg

最後までありがとうございました。

201005 新規開拓71 極太短歯ヒラタについて

こんにちは。
いつもありがとうございます。

私は、ヒラタの中でも、極太短歯の個体が好きです。

以前に一度、ブログで触れました。


70UP HIRATA参照

クワ友K氏からの報告です。

彼も極太にこだわりがあり、研究しています。

彼が9月に採集した69個体 0.327

mm00-1.jpeg

前胸板が太くマッチョな気がしましたが、0.327と体長のせいか以外にスマートですね。でもかっこいい!!

彼は次のように分類しています。


マッチョ指数=胸幅最大値÷サイズ


ヒラタの場合
・0.3250〜0.3299 スマート
・0.3300〜0.3349 スタンダード
・0.3350〜0.3399 マッチョ
・0.3400〜0.3449 ゴリマッチョ
・0.3450〜0.3499  アーノルド・シュワルツェネガー
・0.3500〜 レジェンド    


いわば、0.335から0.35以上あれば、サイズ関係なく相当かっこいいですね。

彼のその付近の個体がこちら。0.344 ゴリマッチョ

mm00-2.jpeg
0.349 シュワルツネッガー
mm00-3.jpeg

私の採集個体では、2009年6月16日採集の71.5mmのこの個体
mm00-4.jpeg
この大木コナラの高所5mで採集した思い出の個体 洞から樹液があふれていた。今は伐採された泣
mm00-44.jpeg


相当マッチョと思っていたが、24.0mm÷71.5=0.335 で以外に伸びない。マッチョ


2011年10月16日ニレの大木 高所7mで採集したこの極太個体はどうか?65.45mm
mm00-5.jpeg
mm00-6.jpeg

23.1÷65.4=0.353

おおー!0.35超え はレジェンドマッチョ笑ですね。


数多くの極太短歯に出会ってきましたが、太いのが多い地域はありますが、なかなか法則性が読めないですね。
神出鬼没です。


さて、台風が来る前に、17時30分開拓に行ってきました。

2020年10月5日 晴れ 31度

薮のむこうに見える、ニレの大木
mm1.jpg

ズーム!
mm2.jpg

まだ賑わっていますね。

途中、この間65を採ったウロをのぞくと

mm4.jpg
mm5.jpg
mm6.jpg

また入っていました。63ぐらい。

ゾウムシの上にのっかっている。
mm7.jpg

日が暮れてきた。最近速くなっています。
mm8.jpg

ボクトウガの目がたくさん光る、ニレの超大木を発見。幹直径1.5m
mm9.jpg

この木には、たくさんの捲れやウロがあります。最盛期に出会いたかった。何匹いるのか?
1匹目
mm15-1.jpg

mm10.jpg
mm11.jpg

2匹目から8匹目笑
mm12.jpg

9匹目

mm13.jpg

10匹目11匹目
mm14.jpg

12匹目

mm15.jpg

13匹目 これはデカイ!
mm16.jpg
mm17.jpg
mm18.jpg
64ぐらいありました。

この時期になんと、1本のニレの大木に、13匹のクワガタがいました。来年期待ですね。

途中マイポイント クヌギの超大木に登ってみました笑。

mm19.jpg

ブーン、ブーンとホバリングの音が凄い。もしやイエロージャケットか!

mm20.jpg
mm21.jpg

凄い数のイエロージャケットが。日が暮れても居残っています。期待のウロがのぞけませんね。
mm20-1.jpg

夜間は開拓難しいので帰りますか。(しかしクワ友K氏は夜間開拓をしているつわものです。)

帰り道に1本ニレの大木によってみる。



この木 高所に重なり洞がある。

mm22.jpg

登ると、ノコペア この時期少なくなった。
mm23.jpg

コヒタラタのみか
mm24.jpg

と思ったら、奥に黒い物体がうごめいている笑。抑えてみる。


mm25.jpg

なんと、ロクマルオーバー 極太短歯君だ!
mm26.jpg
mm26-1.jpg

顎欠け君だが、太い!
mm28.jpg
mm29.jpg

この話をK氏にすると、「顎欠け君でしょ?」という返答。
なんとこの個体は、K氏がここにリリースしたものだという汗。

この個体は別のニレの木で採集したそうだ。

なんとまあ!偶然にもほどがある笑!同じ極太くんを2人がつかむなんて!笑

世界は狭いですね笑。


最後までありがとうございました。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

wild okuwa

Author:wild okuwa
自然が大好きな中年男性です。小学校の頃、昆虫少年で、タガメやオオクワガタを追いかけていました。中学から大人まで、採集から遠のいていました。子供が生まれ、「お父さん、クワガタを買って」と言われ、「クワガタは買うものではないよ。採るものなんだ。」と述べ、採集に連れていき、自分がはまり再燃しました(笑)。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

2020新規開拓 (4)
2020樹液採集 (14)
2019新規開拓 (2)
2019樹液採集 (14)
2018樹液採集 (28)
2018新規開拓 (16)
2017樹液採集 (23)
2017新規開拓 (12)
2016樹液採集 (31)
2016新規開拓 (10)
2015樹液採集 (43)
2015新規開拓 (18)
2014樹液採集 (27)
2014新規開拓 (6)
2013 樹液採集 (9)
思い出の採集 (6)
WILD OOKUWA (7)
標本 (6)
採集道具 (7)
KNIVES (8)
懐中電灯 (7)
廃道 隧道 廃校 ダム (7)
OTHER (15)
未分類 (2)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

NOW COUNT

現在の閲覧者数:

COUNTER

Template by たけやん