wild okuwa の クワガタ樹液採集メモ

クワガタの樹液採集が大好きです。特に、オオクワガタ、ヒラタクワガタ です。クヌギやニレの大木の洞に潜むクワガタを狙っています。材割はしません。クワガタは、ほとんどキャッチ&リリースです。メスを捕獲することもありません。自然の姿を見るだけで癒されます。

190526 今年も出会えたオオクワガタ!!KO KO KOTA!!!!!!!

こんばんは。
いつもありがとうございます。

ヤフブロも終了ということで、ブログ書くモチベーションは下がっていますが、採集には、GW明けより、行っております。
オオクワ狙うも空振りばかりです。
樹液はまだ出ていないところが多く、まだ先ですね。60up越冬ヒラタ、コクワ新成虫はみかけています。

さて、樹液採集に行ってきました。

5月26日 晴れ 気温33度

本命狙いで行きます。

クヌギの大木ですが、樹液はまだのようです。

Q0.jpg


ズーム!
Q1.jpg


まだ枯れています。
いたのは、マメピカのみ。
Q2.jpg


ニレの木 洞
何か挟まっています。
q3.jpg
q3.jpg


取り出すと
q4.jpg


新成虫っぽいですね。
Q5.jpg


クヌギの高所の洞

奥にデカいヒラタ
Q6.jpg

動きが鈍い越冬君

刺激したので奥からアリが大量に出てきた。
Q7.jpg


戻る元気もないのか。

64ぐらい
Q8.jpg


さらに高所の洞

入り口は狭いが、奥が深く広い洞

やはり、奥になにかいる!

ロング引っ掻き棒で掻き出す!

9.jpg

割とデカい!!

66ぐらい
Q10.jpg



さらに、ニレの高所洞
q10-1.jpg


おおー!もしかして?
q10-2.jpg


お尻に筋がない! 残念! でも結構樹液が出ています。

出ているところは、樹液多量に出ていますね。


さて、実績クヌギの木

高所に上る!

そーと、照らす・・・・・・


おおー・・・・・・・・・



もしかして・・・・・・・




もしかすると・・・・・・・・・



KO・・・・・



KO・・・・・・・・・



KOTA-----------!!!!!!!!!!!!!




ドキドキ


奥に逃げられたら終わり!


かなり、奥が深い!




ロング引っ掻き棒で逃げ道をふさぐ・・・・・・・・・・



奥にもう1か所穴があり、そこから逃げる可能性あり・・・・・・・



そこもふさぐ・・・・・・・・





こんな感じ                                                      (あとで 撮影)


Q11.jpg




ゆっくり、ゆっくり、掻き出していく



ゆっくり



あせってはいけない



(閲覧注意です。)












































見えた!!!!!!!!
q13.jpg





ダニがびっしり(泣)


気持ち悪い


越冬君だね。







ゲットです。


Q14.jpg




今年も出会えましたね。


Q15.jpg




ライトで洞をふさぐ
Q16.jpg




壮観な光景
Q18-1.jpg
Q18-1.jpg



勢いあまって、夜間突入
Q17.jpg
Q18.jpg


空振りコクワのみ

本日は、良い成果がありました。

最後までありがとうございました。

Q19.jpg



190309 新規開拓エリア68 ボコボコのクヌギ洞 NEW POINT 68 ZEROHARI

こんばんは。
前回記事にナイスポチありがとうございます。

ヤフーブログは突然の終了ですね。
モチベーションが下がりましたので、続行するか思案中です。

そもそも樹液採集の記録を残そうと始めたブログ。

ヤフブロを通して、たくさんの採集家と知り合えました。ワイルドオオクワをいただいたり、差し上げたりして交流がありました。

ジャンヒラを通して、ヒラタ談義に花が咲いたり、楽しかったです。

本当の開拓魂、採集魂に触れて、たくさんの刺激を受けました。

ヤフブロでは、クワ馬鹿道さん、ガーデンさん、コハンヌ大先生、ピー師匠、ドラゴンさんの採集スタイルが大好きでした。ふうがさん、ちゃんまんさんのオオ採集報告に毎年驚き、自分もがんばろうと思いました。カシオペアさん、moaiさん、フリーダムさんの開拓魂に強烈な刺激を受けていました。karaさんの超マニアックな標本群に度肝を抜けれ、とーちゃんさん、ダンジリさんの多趣味な部分と話しが合い、ゲバゲバさんのコアな話に耳を傾けていました。
オオ採集の大御所 通りすがりの採集人さん、近畿の採集家さんにはとてもお世話になりました。
まだまだ刺激を受けた人は多く、挙げればきりがないですね。

ほんとありがとうございました。

もちろん、ヤフブロ以外でもたくさん刺激を受けています。ダントツで、くわがた散歩道さんですね。彼は最狂採集人ですね(笑)。

ブログにのせた写真は、もう二度と撮影できない、その時の一瞬をとらえた採集現場の写真です。
足しげくフィールドに通った日々の記録は貴重です。

データは貴重ですので、ガーデンさん、ピー師匠、moaiさんと同じところFC2に保存しました。
すべて友達限定にしていますので、ご覧になりたい方は、メッセージとともに、申請を出していただければと思います。
今のところ、ヤフブロと同じ内容です。

パソコンにも保存していますが、時系列的に、ブログで記録したものが見やすかったです。

今後どうなるかわかりませんが、マイペースでやっていこうと思います。


さて、3月の新規開拓です。

クヌギ大木 隙間多し。樹液痕あり

img_0_m.jpg

ボコボコのニレ 真っ黒樹液痕 洞多数 ヒラタマンションの予感
img_1_m.jpg
img_2_m.jpg
img_3_m.jpg
若者K氏ポイント ニレ洞群
img_4_m.jpg
img_5_m.jpg
img_6_m.jpg

民家の庭にあるクヌギ中木 黒々した樹液痕 洞1つ

img_8_m.jpg
img_7_m.jpg
img_9_m.jpg


民家にある、ニレの根台場
img_10_m.jpg
img_11_m.jpg
クヌギ大木
img_12_m.jpg

重なり洞が凄いことになっている。ドデカイヒラタの死骸が奥にあった。
img_13_m.jpg


クヌギ大木 高所に多数洞あり オオが入るかも。
img_14_m.jpg
img_15_m.jpg
img_16_m.jpg

洞からの樹液焼けが凄い。

クヌギ大木 枝の折れたところが深い洞になっている。樹液垂れ焼け
img_17_m.jpg

そして極めつけは、クヌギの超大木 黒い樹液痕 洞 メクレ多数img_18_m.jpg
img_19_m.jpg
img_20_m.jpg

収穫の多い、新規開拓でした。夏が楽しみです。

おまけ:

ゼロハリバートンのコレクション
ゼロハリは、月の石を持ち帰ったケースで有名である。頑丈極まりない。
img_21_m.jpg

時に仕事に持っていくが、今はコレクションケースと化している。
2007年以前のUSA製のものが好きです。
エース買収後、中国製になりました。また最近、USA製に戻りました。

1970年代カメラケース
img_22_m.jpg
万年筆専用ケース 2000年頃
img_23_m.jpg
スーツケース 2016年
img_28_m.jpg

ビジネスケース 1980年代
img_29_m.jpg
1980年代ミニケース 時計を入れている。
img_24_m.jpg
img_25_m.jpg

でもゼロハリには、同じ月に行った時計、オメガが良く似合う。
img_26_m.jpg
img_27_m.jpg
オメガ スピードソニック 音叉時計

最後までありがとうございました。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

wild okuwa

Author:wild okuwa
自然が大好きな中年男性です。小学校の頃、昆虫少年で、タガメやオオクワガタを追いかけていました。中学から大人まで、採集から遠のいていました。子供が生まれ、「お父さん、クワガタを買って」と言われ、「クワガタは買うものではないよ。採るものなんだ。」と述べ、採集に連れていき、自分がはまり再燃しました(笑)。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

2020新規開拓 (4)
2020樹液採集 (14)
2019新規開拓 (2)
2019樹液採集 (14)
2018樹液採集 (28)
2018新規開拓 (16)
2017樹液採集 (23)
2017新規開拓 (12)
2016樹液採集 (31)
2016新規開拓 (10)
2015樹液採集 (43)
2015新規開拓 (18)
2014樹液採集 (27)
2014新規開拓 (6)
2013 樹液採集 (9)
思い出の採集 (6)
WILD OOKUWA (7)
標本 (6)
採集道具 (7)
KNIVES (8)
懐中電灯 (7)
廃道 隧道 廃校 ダム (7)
OTHER (15)
未分類 (2)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

NOW COUNT

現在の閲覧者数:

COUNTER

Template by たけやん