wild okuwa の クワガタ樹液採集メモ

クワガタの樹液採集が大好きです。特に、オオクワガタ、ヒラタクワガタ です。クヌギやニレの大木の洞に潜むクワガタを狙っています。材割はしません。クワガタは、ほとんどキャッチ&リリースです。メスを捕獲することもありません。自然の姿を見るだけで癒されます。

170216 ORDER KNIFE 001

こんばんは。
前回記事にナイスポチありがとうございます。

さて、本日は、ナイフの記事です。
山に入り、樹液木の散策活動するために、必要な道具はナイフですね。いろんなシーンで役に立ちます。

そこで、カスタムナイフメーカーのマッカリーさんにオーダーしました。

インテグラル 4インチ ドロップハンターです。

インテグラルとは、1本の鋼材からナイフを削りだすものです。ナイフの中でも、最も労力がいり、難易度が高く、高い技術を要するものです。

いろんな細かい要望をお伝えしましたが、すべて聞いてくださいました。

改めてありがとうございました。

↓製作過程の概要です。

1本の鋼材から削り出します。





















この○に、象牙を入れていただきました。













完成です!

納期は、半年予定でしたが、4か月ほどで完成しました。

すばらしい出来です!!

マッカリーさん、とんでもない凄いナイフありがとうございました!

この象牙の丸部分に、クワガタを、スクリムショーという、アメリカの伝統技法で、描いてもらいます。

描いてもらうクワガタは、昨年ゲットした、マイギネスミヤマ 77.5です。



もう、77.5以上は採れる気がしません。

そして裏には、マイギネスオオクワ 66.8 です。




描いてくださるのは、達人の 林田さんです。

イメージ図





そして、完成しました!

林田さん、すばらしいスクリムショーありがとうございました!

いつものクヌギの大木で記念撮影です。


















今期は、このナイフを持って、山に行きたいと思います!

最後までありがとうございました。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

wild okuwa

Author:wild okuwa
自然が大好きな中年男性です。小学校の頃、昆虫少年で、タガメやオオクワガタを追いかけていました。中学から大人まで、採集から遠のいていました。子供が生まれ、「お父さん、クワガタを買って」と言われ、「クワガタは買うものではないよ。採るものなんだ。」と述べ、採集に連れていき、自分がはまり再燃しました(笑)。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

2020新規開拓 (4)
2020樹液採集 (14)
2019新規開拓 (2)
2019樹液採集 (14)
2018樹液採集 (28)
2018新規開拓 (16)
2017樹液採集 (23)
2017新規開拓 (12)
2016樹液採集 (31)
2016新規開拓 (10)
2015樹液採集 (43)
2015新規開拓 (18)
2014樹液採集 (27)
2014新規開拓 (6)
2013 樹液採集 (9)
思い出の採集 (6)
WILD OOKUWA (7)
標本 (6)
採集道具 (7)
KNIVES (8)
懐中電灯 (7)
廃道 隧道 廃校 ダム (7)
OTHER (15)
未分類 (2)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

NOW COUNT

現在の閲覧者数:

COUNTER

Template by たけやん