wild okuwa の クワガタ樹液採集メモ

クワガタの樹液採集が大好きです。特に、オオクワガタ、ヒラタクワガタ です。クヌギやニレの大木の洞に潜むクワガタを狙っています。材割はしません。クワガタは、ほとんどキャッチ&リリースです。メスを捕獲することもありません。自然の姿を見るだけで癒されます。

201019 新規開拓73 オフロードバイクで開拓。

こんばんは。
いつもありがとうございます。


さて、本日は、オフロードバイク ヤマハセロー225
 で、車の入れない、細い山道を入って行こうと思います。

a0.jpg


バイクのエンジンをかけようとしたら、かかりが悪い。
バッテりーが寿命のようです。3年も交換していないので、交換します。つねに予備があります。

a1.jpg
a2.jpg


無事エンジンは快調にかかりました。

2020年10月19日 晴れ 気温20度 夜間15度 寒い

こんな丘に入って行きます。クヌギ、ニレが多いです。
a3.jpg
a4.jpg
a5.jpg
たくさん洞がみつかりました。どれもお留守。

a7.jpg
a8.jpg

このクヌギの洞に、洞ノコがいました。
a9.jpg
a10.jpg
a11.jpg
a12.jpg

さらに洞
a13.jpg
a14.jpg

台場風コナラ
a15.jpg


とあるニレの木の高所アップ。
a16.jpg
a17.jpg
ロクマル君がいます。
a18.jpg
a19.jpg

クヌギ大木見つかる。直径1mぐらい。
a20.jpg
a21.jpg

だんだん、暗くなってきた。高所にクワが見えますか?
a22.jpg
ズーム!
a23.jpg
a24.jpg

さらにスズメバチとクワ
a25.jpg

ボクトウガの目の光を頼りに、樹液木探す。
a26.jpg

寒いのにノコ健在です。冷え込みます。
a27.jpg

a28.jpg

とある木に、ノコが!
a29.jpg
a30.jpg
a31.jpg

この時期、湾曲したノコが見れるとは!

最後までありがとうございました。

おまけ;バイク遍歴 
高1の時に、中型免許所得。通学に使用OKな珍しい高校だった。

最初に乗ったバイク HONDA CB125(画像拝借)

a34.jpg

次に、HONDA VT250(画像拝借)
a35.jpg

次 KAWASAKI GPZ400R(画像拝借)
a36.jpg

次 LEAD 90(画像拝借)
a36-1.jpg

この後、車にシフトし、しばらくバイクに乗っていなかった。
子供が生まれ、落ち着いたころ、スーパーカブ90 中古 警察官が使用していたもの なぜか金色だった。(画像拝借) を購入。

kabu.jpg


そして、今のセロー225(画像拝借)
2_202010211227013e3.jpg

ちなみに、現在バイクは3台所有で、他には、エリミネーター125がある。あまり乗っていない。ボロボロ。

a37.jpg
もう一台は、アドレスV100(画像拝借)
L_6591130582097d9bd397eae3d0.jpg

201012 新規開拓72 黒こげ樹液木 BLACK TREE

こんばんは。
いつもありがとうございます。

仕事帰りに、新規開拓行ってきました。

すぐに日が暮れるようになったので、わずか2時間が勝負でもあります。

17時30分スタート


2020年10月12日 晴れ 気温25度

こんな道から入り、藪漕ぎをしていきます。藪といっても枯れ枝が多いです。p2.jpg

早速ありました。

真っ黒にこげたクヌギ樹液木です。黒焦げはワクワクしますね。


p4.jpg

上のメクレにまだいますね。
p5.jpg

アップ!
p5 -1

こちらも黒く樹液焼けしたクヌギ樹液木 まだ樹液が染み出ていますね。
p6.jpg

下には、クワパーツあり
p7.jpg

深いメクレのあるクヌギの木
p8.jpg

奥に何かいますね。
p9.jpg
p10.jpg

これも真っ黒黒焦げクヌギ樹液木 シーズン中に出会いたかった。まだ蝶がついている。
p11.jpg

居残り君がいました。
p12.jpg

お次は、ニレの大木に洞があり、その洞は真っ黒笑。黒い樹液焼けあり。
そして、洞の下の樹液の染み出たところで、洞の主が樹液を吸っていました。
私に気づき、あわてて戻ろうとしています。連続写真でどうぞ。

p13.jpg
p14.jpg
p15.jpg
p16.jpg

お次も、ボコボコクヌギ洞。洞の中に何かいますね。

p17.jpg
洞ノコでした。
p18.jpg

いつものニレの洞
p19.jpg

また別のロクマル君が入っていました。
p20.jpg

日が暮れてくる。クヌギ大木にロクマル幹這い君。

p21.jpg
p22.jpg

別のクヌギ中木の洞
p23.jpg
p24.jpg
ロクマルオーバー

クヌギ大木 割れ目洞
p25.jpg

上に黒い塊が挟まっています。
p26.jpg
ロクマルオーバー

別のニレの大木
p27.jpg
ゴーマルオーバー

1本のクヌギ大木に?
1匹目
p28.jpg
2、3、4匹目
p29.jpg

そして、5,6,7匹目笑
p28-1.jpg
ムカデ、スズメバチ、スズメバチでした笑。

結果一部
p30.jpg
真ん中64 右端65

なんと、この時期、65upありました。
p31.jpg
p32.jpg

まだまだいましたね。
早めに帰ります。


そして、60年代のレコードを聴きながら、ドルクスを眺めるのであります。
プレーヤーは3台あるのですが、
1台目は、英国製のノッティンガム 初動は手で回し、静寂な中に重厚な音が聞けます。鉄の塊で非常に重いプレーヤー

p0-1.jpg

2台目は、DENON DP700 モノラル専用にしています。
p0-2.jpg

3台目は、1970年代のDENON DP60M
土台の天然木のせいか澄み切った音がします。ジャズの臨場感をうまく表現してくれます。
p0-3.jpg
本日聞く予定のレコード
IMG_4481.jpg

最後までありがとうございました。

201005 新規開拓71 極太短歯ヒラタについて

こんにちは。
いつもありがとうございます。

私は、ヒラタの中でも、極太短歯の個体が好きです。

以前に一度、ブログで触れました。


70UP HIRATA参照

クワ友K氏からの報告です。

彼も極太にこだわりがあり、研究しています。

彼が9月に採集した69個体 0.327

mm00-1.jpeg

前胸板が太くマッチョな気がしましたが、0.327と体長のせいか以外にスマートですね。でもかっこいい!!

彼は次のように分類しています。


マッチョ指数=胸幅最大値÷サイズ


ヒラタの場合
・0.3250〜0.3299 スマート
・0.3300〜0.3349 スタンダード
・0.3350〜0.3399 マッチョ
・0.3400〜0.3449 ゴリマッチョ
・0.3450〜0.3499  アーノルド・シュワルツェネガー
・0.3500〜 レジェンド    


いわば、0.335から0.35以上あれば、サイズ関係なく相当かっこいいですね。

彼のその付近の個体がこちら。0.344 ゴリマッチョ

mm00-2.jpeg
0.349 シュワルツネッガー
mm00-3.jpeg

私の採集個体では、2009年6月16日採集の71.5mmのこの個体
mm00-4.jpeg
この大木コナラの高所5mで採集した思い出の個体 洞から樹液があふれていた。今は伐採された泣
mm00-44.jpeg


相当マッチョと思っていたが、24.0mm÷71.5=0.335 で以外に伸びない。マッチョ


2011年10月16日ニレの大木 高所7mで採集したこの極太個体はどうか?65.45mm
mm00-5.jpeg
mm00-6.jpeg

23.1÷65.4=0.353

おおー!0.35超え はレジェンドマッチョ笑ですね。


数多くの極太短歯に出会ってきましたが、太いのが多い地域はありますが、なかなか法則性が読めないですね。
神出鬼没です。


さて、台風が来る前に、17時30分開拓に行ってきました。

2020年10月5日 晴れ 31度

薮のむこうに見える、ニレの大木
mm1.jpg

ズーム!
mm2.jpg

まだ賑わっていますね。

途中、この間65を採ったウロをのぞくと

mm4.jpg
mm5.jpg
mm6.jpg

また入っていました。63ぐらい。

ゾウムシの上にのっかっている。
mm7.jpg

日が暮れてきた。最近速くなっています。
mm8.jpg

ボクトウガの目がたくさん光る、ニレの超大木を発見。幹直径1.5m
mm9.jpg

この木には、たくさんの捲れやウロがあります。最盛期に出会いたかった。何匹いるのか?
1匹目
mm15-1.jpg

mm10.jpg
mm11.jpg

2匹目から8匹目笑
mm12.jpg

9匹目

mm13.jpg

10匹目11匹目
mm14.jpg

12匹目

mm15.jpg

13匹目 これはデカイ!
mm16.jpg
mm17.jpg
mm18.jpg
64ぐらいありました。

この時期になんと、1本のニレの大木に、13匹のクワガタがいました。来年期待ですね。

途中マイポイント クヌギの超大木に登ってみました笑。

mm19.jpg

ブーン、ブーンとホバリングの音が凄い。もしやイエロージャケットか!

mm20.jpg
mm21.jpg

凄い数のイエロージャケットが。日が暮れても居残っています。期待のウロがのぞけませんね。
mm20-1.jpg

夜間は開拓難しいので帰りますか。(しかしクワ友K氏は夜間開拓をしているつわものです。)

帰り道に1本ニレの大木によってみる。



この木 高所に重なり洞がある。

mm22.jpg

登ると、ノコペア この時期少なくなった。
mm23.jpg

コヒタラタのみか
mm24.jpg

と思ったら、奥に黒い物体がうごめいている笑。抑えてみる。


mm25.jpg

なんと、ロクマルオーバー 極太短歯君だ!
mm26.jpg
mm26-1.jpg

顎欠け君だが、太い!
mm28.jpg
mm29.jpg

この話をK氏にすると、「顎欠け君でしょ?」という返答。
なんとこの個体は、K氏がここにリリースしたものだという汗。

この個体は別のニレの木で採集したそうだ。

なんとまあ!偶然にもほどがある笑!同じ極太くんを2人がつかむなんて!笑

世界は狭いですね笑。


最後までありがとうございました。

200928 新規開拓70 お化けクヌギを求めて

こんにちは。
いつもありがとうございます。
まだまだこちらは、暑いです。23度ぐらいあります。
新規開拓日和です。

山奥で採集した水晶の泥や赤みをとりました。トイレ用洗剤(100均のネオナイス)が良いです。

si000.jpg

2020年9月28日 晴れ 気温23度 

仕事が終わり、17時30分スタートです。

新規開拓で、お化けクヌギやニレを見つけたいです。こちらは、台場がレアなので、望み薄です。

早速、お化けニレ(笑)


si0.jpg

ズームすると、コヒラタたちが挟まっています。
si0-1.jpg

キター! プチお化けクヌギ笑 真ん中に洞あり。
si3.jpg
中はお留守


小さいおバケ バケラッタ
si3-1.jpg
中はお留守

ツタ巻お化けニレ 幹の太さ2m
si4.jpg
si4-1.jpg

おおー!きたぞ、お化けクヌギ笑。根元で2股に分かれている、

si5.jpg

中には?
si6.jpg
56ぐらい。

クヌギの細い木 高所に洞
si8.jpg

ズーム!
si9.jpg

さらに
si10.jpg
何かいますね、スルー。

キノコ付き、老木クヌギ 甘い香りがします。
si11.jpg

ズーム!
si12.jpg
si12-1.jpg
60ぐらい。

クヌギの高所に洞
si13.jpg

ズーム!
si14.jpg

何かいますね。

登ってゲット。

si15.jpg

61ぐらい。きれいな個体です。

オオクワが来そうな、大木クヌギの高所洞
si16.jpg

登ってゲット。
si19.jpg
60ぐらい。

ラスト、お化けなニレの木 幹の太さ 2m
si21.jpg

根元の洞に デカイのが! 蛾が邪魔

si22.jpg

簡単にゲット!
si23.jpg

64ぐらい。
si24.jpg

メスもデカイ! 36ぐらい。
si25.jpg


大木ニレから、大木クヌギにリリースです。
si26.jpg

本日は、6本樹液木を開拓することができました。

秋の夜長は、1970年代のLED時計(LEDは発光ダイオード)の電池交換

si00-1.jpg

当時は水銀電池だったが、現在の酸化銀電池が使用できます。
si00.jpg

美しく光る発光ダイオード。1970年代時計 ヒューレットパッカードのHP-01

最後までありがとうございました。

200920 秋雨採集  新規開拓同時進行

こんばんは。
いつもありがとうございます。

昨日9月20日日曜日の採集、開拓です。

その前に久しぶりに、ウラン反応(笑)

鉄道診療所の瓶 大正から昭和

ii00.jpg

紫外線照射 ばっちりウランありです。
ii00-1.jpg

本日死んだカブト虫 85up 一度リリースしたが、マイギネスかなと思い、引き返しゲットした思い出があります。
ii0-1.jpg

そういえば、クワバカ本を読み、ヤエヤママルバネのことを思い出した。
昔、64mmのワイルド標本を購入した。今となっては超貴重になりました。

IMG_7298.jpg


2020年9月20日 曇りのち雨 気温23度


ミヤマが見えますか?
ii1.jpg

答え↓
ii1-1.jpg

なんとゆっくりと降りてきます。難なくゲットです。
ii4.jpg

この時期、ミヤマはまだ生きています。

セミの亡骸(閲覧注意)秋ですね

ii3.jpg

途中落石あり(怖)
ii4-5.jpg

ニレの洞にヒラタが見えますか?
ii5.jpg

ズーム!
ii6.jpg

60ぐらい。

ii11.jpg


62ぐらい

ii10.jpg

61ぐらい
ii12-1.jpg

幹這いヒラタ君 63ぐらい
ii12-2.jpg

このニレの木の高所にヒラタが見えますか?
ii13.jpg

ズーム!デカい!
ii14.jpg

枝ではたき落とす。

ゲットです。

65ぐらい。

ii15.jpg

腕がモゾモゾする(閲覧注意)

ヒラタと一緒に別のものも落ちてきた(笑)



ii16.jpg

65は迫力ありますね。ピッカピッカの2次発生ですね。
ii17.jpg
ii18.jpg

あと今日は3本、新規樹液木見つけました。


ii19.jpg


最後までありがとうございました。

200914 初秋採集 新規開拓をかねての散策

こんばんは。
いつもありがとうございます。

9月の半ばになり、秋を感じる日が出てきましたね。

仕事が終わり、1週間に1回の採集と開拓です。17時30分スタート。


2020年9月14日 くもり 晴れ 気温26度

採集地風景 まだまだ緑がいっぱいです。
cc0.jpg

そして新規にノコツリーを見つけました。2次発生か?この時期に6ペアぐらいいます。
cc1.jpg
cc3.jpg
cc4.jpg
cc5.jpg
cc6.jpg
cc7.jpg

↑この下のは、わりと大きい!

cc8.jpg
cc9.jpg

68ぐらい

cc10.jpg

雰囲気のある洞 顎が見えたが、取り逃がしたか?
cc11.jpg

下に移動していた。60ぐらい。
cc12.jpg

とにかく、この辺は、スズメバチが多い。

cc13.jpg
cc14.jpg

そして、開拓で発見した 雰囲気のある根洞 デカいのが一瞬みえた。

スズメバチが邪魔である。

cc15.jpg

実は、この木には、上にも洞があり、多数のスズメバチが、洞周囲にいる。
しかも攻撃性がましており、こっちに向かってくる。
しばし、上の洞のハチをご覧ください笑。

cc16.jpg
cc17.jpg
cc18.jpg
cc19.jpg
cc20.jpg

何やら合図をしている、攻撃の合図か?笑  上の洞はあきらめよう笑。
ハチの洞をみていると、根洞のハチがいなくなった。

cc21.jpg

今だ!!!!

降りて、洞の奥にいるデカヒラタを掻き出す。


ゲットです!

cc22.jpg

65ぐらいか
cc24.jpg

偶然飛んできた、オニヤンマを手づかみした。

観察してリリース


cc25.jpg

さて、ラストのニレの大木  4m付近に洞があり、登ります。
cc28.jpg

おおー!雰囲気のある洞!

ここも一瞬、大アゴが見えた!

これはデカいかも?

cc29.jpg

複雑な洞

メクレをはがさないようにしながら、取り押さえる!

10分ぐらいかけて、入り口に寄せる!


よし、ゲットです!!

cc30.jpg

66ぐらいでした。

でも形はとてもかっこいい!!きれいな2次発生個体?

cc32.jpg

左から、66 65 60 64 68
cc33.jpg

まだフィールドには多くいます。流石に大型は少なくなりました。

今日は、新規ポイントを2か所見つけました。

来年が楽しみです。

最後までありがとうございました。


cc35.jpg
cc36.jpg



200907 台風一過採集 バケヒラを求めて

こんにちは。
いつもありがとうございます。
今回の台風10号は、台風慣れしている九州も、かなり怖かったです。
事前の予想が、風速80mとは、驚異的です。
WM_TY-JPN-V2_20200905-150000.jpg
pic_typhoon_kkikan.png

これは、とても採集は無理と思っていました。
しかし、実際は、勢力は弱まり、風速40mぐらいまでに落ち着き、被害は少ないほうでした。
ご心配ありがとうございました。

台風が過ぎた日行ってきました笑。

18時スタートです。もちろん山間部は土砂崩れ、路肩決壊が危険ですので、道路沿い、畑沿いでいきます


2020年9月7日 雨 暴風、晴れ くもり 気温25度

やはり木がところどころ折れています泣。

ta000-2 (2)

田んぼの先にニレの木 雲が不穏
ta00-1.jpg

強風にあおられながら、必死にしがみつくノコ? 飛ばさないもんですね。
ta00-2.jpg

ズーム! アカアシでした。スルー
ta00-3.jpg

洞を覗くと何かいる

ta0-1.jpg

洞ノコでした。台風中隠れていたのか。

ta0-2.jpg


いるところにはいますね。60ぐらい
ta1.jpg

赤ノコもいました。
ta1-1.jpg

晴れたり曇ったり。
デカイぞ!

ta5-1.jpg

65ぐらい
ta6.jpg
ta7.jpg

雰囲気のある洞
ta8.jpg

何か大物がいますね。
ta9.jpg

65ぐらい

ta10.jpg

雨が降ってきたり
ta11.jpg
62ぐらい
ta12.jpg

60ぐらい
ta13.jpg

ニレの大木の洞で
デカイのが潜んでいた。


すかさず、ひっかき棒をかける。

また持久戦。

奥にはいられると終わり。

少しづつ、掻き出す。

入口まで来た↓わかりますか?

ta2.jpg

ゲットです。
ta4.jpg

67ぐらい

ta5.jpg

虫はいますが、少なくなってきましたね。
この時期は、開拓にもってこいですよ。
冬場も藪がなくていいですが、この時期が樹液が出ている木を見つけられます。
来年のために、ぜひがんばりましょう。

しかし、この時期、これに気をつけてください↓

ta0000.jpg
オオスズメバチ、キイロスズメバチ、クロスズメバチ

3体購入しました。海洋堂製作なのでとてもリアルです。
以外とでかくてびっくりです。15cmあります。ギネスですね。

oosuzu_temochi_JNfkb4XO1QBVVSFNNqBwHZvJk_4JdyGg.jpg
1C7E5CE5-BD8C-434E-B214-A42B015905E5.jpg
F66EBAF3-5F88-4108-BB5E-484B6A2892D0.jpg

採集の帰りのこの映画見てきました。IMAXでリバイバルしてくれてありがとう。
rectangle_large_type_2_f9a3293c40374520bcd06aa62242f8cd_2020090813100876c.jpeg
KhyEWgPr9Zn377Grk2lYtdbyzzPBBf4r41aacBMn_20200908131009c36.jpeg



最後までありがとうございました。

200831 月夜採集 ラストサプライズ!

こんにちは。
いつもありがとうございます。
遠征採集や宿泊採集はうらやましいですね。思う存分採集してみたいです。

K氏より、こんな本を紹介していただきました。


ee000-3.png

彼らは、採集三味です。まさにカリスマと呼ばれる真の採集家たちがのせられています。彼らは、クワバカです笑。
私たちと同じですね汗。次元が違いますが。
ぜひ読んでください。うんうんとうなずく部分が多かったですし、クワガタ界の真のレジェンドの姿がここにあります。定木良介さんは、カリスマ採集家です。採集プロセスが絶対的なものということに、最も共感しました。


モチベーションが下がっていますので、道具を選んで出発です。
ee000-1.jpg
ee000-2.jpg

フラッシュライトも、久しぶりにオオクワライトを持ち出します。
下記参照
160312 WILD OOKUWA ZENO LIGHT ENGRAVE

選ぶのは楽しいですね。仕事が終わり、18時スタートです。

2020年8月31日 晴れ 気温34度


山につくと、すでに秋の気配がした。

虫っ気がない   虫がいない。

先週まで賑わっていたのにどうして?

今年は虫がひくのが早いのか。



68,69などジャンヒラを連発したこの高所洞はどうか?
ee000-4.jpg
ee000-4-1.jpg
ee000-5.jpg

もぬけの殻である。

もう終わった感が満載である。

でもいるところにはいます。

ee000-6.jpg
ee000-7.jpg
ee000-8.jpg

キャッチアンドリリースを繰り返します。

日が沈んでしまった。

本日は、月夜で暖かい。絶好の樹液採集日和です笑。


ee000-9.jpg

ズーム(笑)
ee000-10.jpg

ee000-11.jpg

高所洞を覗くを繰り返す。少ないながらいる。
ee000-11-1.jpg
ee000-11-2.jpg
ee000-11-3.jpg
ee000-11-4.jpg
ee000-11-5.jpg

こんなに少ないのなら、もしかしてオオクワも出てきているかもしれない。
オオクワエリアに行ってみよう!
場所を大きく移動

ee000-11-6.jpg

高所洞繰り返す。

ee000-11-9.jpg
ee000-11-10.jpg
ee000-11-11.jpg
ee000-11-12.jpg

もうこんな時間か 日付もとっくに回っている。最後に実績クヌギ群を見て帰ろうか
ee000-11-13.jpg

クヌギ大木 お留守
ee00.jpg

根元に黒に近い紺カナブンがいた レア
ee00-1.jpg

そして、クヌギ大木 白黒モードで
ee0-0.jpg

二股のところに、超複雑な洞がある。前と後ろの洞は繋がっている洞
もしいれば、出会い頭を狙うしかない。
登ります。


ee0-1.jpg

うーん、カブトが邪魔ですね。カブトがいるということはここもだめかな。

ee0-2.jpg

そーと、覗く
ee0-3.jpg

ん!!!!

カブトの奥に、大型ドルクスの影が!!!!

顎が曲がっている気がする!


KO・・・・・・・・KO・・・・・・・・・KOTA!!!!!!!!!!
これは、デカイぞ!!


カブト、頼むからどいてくれ(笑)

そーと、カブトを脇に逃がす・・・・・


しまった!!!


ドルクスは、奥へスルスルと、引っ込んでいく!



すかさず、ひっかき棒を、数本突っ込み、逃げ道を塞ぐ!!

でも、スルスルと移動しようとする。

すばやい!!!


もうダメか!!


ひっかき棒を捻じ曲げ、棒で、押し付ける!

よし固定した!



ちょうど、くぼみに挟まっている・・・・・・


持久戦だ・・・・・・




ここで失敗してはいけないが、抑えている棒を動かしてはいけないことだ。


抑えたまま、別の棒で、奥から刺激していく。

もちろん、裏の洞からも、つっかえをする





ゆっくり、ゆっくり・・・・・



1mm動かすのに、1分はかかる・・・・




だめだ、手が震えてしまう・・・・・




汗が多量に出る・・・・



25度以上はある・・・・・



ゆっくり、ゆっくり、一瞬たりとも、気を抜いてはいけない。




20分後・・・・・



入口まで来た!!




よーーし!!! ゲット!!!!!!!!!

ee1.jpg

激戦の後

ee0-3-0.jpg
ee0-3-1.jpg

こ、これは、かっこいい大歯だ!
ee3.jpg

60は超えているぞ!
ee4.jpg
ee5.jpg

うれしすぎて、何枚も写真を撮る笑。
ee6.jpg
ee9.jpg
ee10.jpg
ee11.jpg

夜が明けてしまった。
台風が来るので、その前に着替ええて、早朝採集しておこう(笑) 仕事前のクワガタチェック

ee11-0.jpg

なんて清々しい朝でしょう(笑)余裕が違います。


ee11-1.jpg
ee11-2.jpg
ee11-3.jpg
ee11-0-1.jpg

朝の光で写真を撮ろう(笑)

ee18.jpg
ee16.jpg
ee13.jpg
ee14.jpg
ee17.jpg
ee19.jpg

いやあ、かっこよすぎて、涙が出ました。

長文お付き合いありがとうございました。


200824 残暑採集 バケノコを求めて

こんにちは。
いつもありがとうございます。

バケヒラ、バケミヤマ、バケネブト、ときたら、次は、バケノコでしょうか?

バケノコは、以前採集したので、もう満足しています。下記参照


160815 特大 モンスター ノコギリクワガタ !!

しかし、この残暑の時期、あまりバケヒラ採れないので、気分転換に、ノコツリーを何本か知っていますので、回っています。

2020年8月24日 晴れ 34度

これが、ノコツリーです。今年はじめて来ました。
ノコツリーは、毎年必ずというわけではないところが不思議なところです。ノコは読みにくいです。
いつもたまたまという感じです。

ppp0.jpg

おおー!たくさん付いています。10ペア以上でしょうか。

ズームしていきます。




ppp1.jpg
ppp2.jpg
ppp3.jpg
ppp4.jpg
ppp5.jpg
ppp6.jpg
ppp8.jpg
ppp7.jpg
ppp9.jpg
ppp10.jpg

それでは、ベスト4の発表です。

第4位 69.45mm

ppp11.jpg

第3位 69.91mm
ppp11-1.jpg

第2位 70.12mm
ppp12.jpg
ppp13.jpg

第1位 70.26mm

ppp14.jpg
ppp15.jpg

うーん、あまり伸びませんでしたが、70超えると迫力ありますね。

あと2本のノコツリーは、全くついていませんでした。


そういえば、途中で、巨大ミヤマを見かけました。巨大ミヤマが見えますか?


高台から見たニレの木です。20m以上離れています。木の高さは、15m以上あるでしょうか。その先端が見えています。
ppp16.jpg

答えは?

ppp16 -1

ズームします
Inkedppp_LI.jpg

ppp17.jpg

到底届きませんので、ズームして遊びます。木をかじっているのか?貴重な瞬間です。

ppp18.jpg

おおー!、これはデカイぞ!私の大好きなレアなカニ型か?

ppp19.jpg

カニ型だ!
ppp20.jpg

これは欲しい!でも15m以上の高所に止まっており、この高台から下に降りていくのもきついものがある。藪だし。
石を投げても届かない。当たったとしても、下は藪。これはなすすべがない。あきらめます。


近くの木に、コミヤマがいました。リリースです。

ppp21.jpg
ppp22.jpg
ppp23.jpg
ppp24.jpg



このあと、夜間オオクワ採集に行きましたが、撃沈しました。

おまけ。
黒いデカイハチが、獲物を捕らえ、高所に飛んでいき、枝にとまり、何回も針を刺していました(怖)
世界最大のハチ 幻のジャイアントビーかと思いました。

ppp25.jpg

ジャアントビーとは?
2019年40年ぶりにインドネシアで発見された、スズメバチよりも大きく、クワガタの大顎をもっているハチです。
かっこいい!

wallacebee_top-og.jpg

最後までありがとうございました。

200818 猛暑採集 バケネブトを求めて

こんばんは。
いつもありがとうございます。
40度近くになる猛暑日が続いています。
樹液も枯れてしまいますね。

バケヒラタ、バケミヤマと続いて、次はバケネブトですね。
こちらは、ネブトは多くいます。ニレの樹液に集まります。
ニレの発酵した樹液ではなく、サラサラした透明の樹液に集まります。
かつては発酵したものだったのが、経年変化して透明になったようなものにも集まります。いわゆる大木の老木の
樹液ですね。
こちらは、ニレの木のおかげで、いろんなクワガタが楽しめます。ほんとありがたい木です。

マイギネスネブトが、33.4mmですので、それを超える個体に会えるのか、ネブトエリアに行ってみたいと思います。
ニレの大木群です。


ネブトマイギネス採集記 2006年7月29日 参照

30upの頭部を埋め込んだナイフ笑(もちろん死骸)。

2020年8月17日 晴れ 気温38度

本日持参ライト LUMINTOP LM10 TITANIUM LIMITTED
fff0_20200818234547268.jpg

ネブトの交尾が見えますか?
v1.jpg


ズーム!交尾の邪魔をするため、他のオスが近づいています。右上

v2.jpg

そして合流
v3.jpg
v4.jpg

そして!凶暴化します笑 メスを守ります
v5.jpg
v6.jpg

投げ飛ばしました!!
v8.jpg

戻ろうとすると、メスがいません笑。
v9.jpg

上に移動していました。
v15.jpg

捕獲します。
v10.jpg

ゲットです。
v11.jpg

24mmと27mmです。24mmは、近くにいました。


ニレの大木
いますね、でも小さい

fff1.jpg

さらに別の木 25mmぐらい
fff2.jpg

ニレの木 洞あり デカい
fff3.jpg

ズーム! 28mmぐらい
fff4.jpg

この日は、きれいなヤマトタマムシが乱舞していました。数十匹みました。
ニレの木の高所を飛び回り、たまに葉っぱに止まり、また飛び立つを繰り返します。
ニレの葉を食べているのかな。求愛の場所かも。

タマムシ見えますか?(笑)
fff6-1.jpg

答え 
fff6-2.jpg


これは、分かりやすい飛翔画像
fff5.jpg

なんとか捕獲を試みましたが、高所すぎて無理でした。

葉に止まったズーム画像

fff7.jpg

かつて、マイギネス33mmupを捕獲した、ニレの大木
fff9.jpg

本日は、何もいませんでした。

木登りトカゲ君のみ。ライカレンズの描写力に脱帽です。ズーム画像です。

fff10.jpg

数十本見て回りましたが、小型ばかりでした。

そしてついにとうとう・・・・・・・・


きました!

コクワ VS オオクワ?


これです↓

fff11-1.jpg

洞の奪い合いをしています!

ズーム!

fff12_2020081823483375d.jpg

背中に筋があるやつが、勝り、洞に入ろうとします。

それを阻止して、掴みとります笑。

これです↓

fff13.jpg

オオクワではなくて、バケネブト笑 これはデカいぞ!

相手がいなくなり、ボー然とするコクワ笑

fff14.jpg

コクワとネブトの洞争いなんて、初めてみました。

マイギネスを超えたか?

fff15.jpg

超えませんでした。

32up! しかし極太でめちゃくちゃかっこいい!

一応バケネブト達成です。


先ほどの2匹と比較。左から、24、27、32mmです。

v12.jpg


ガーデンさんが、かっこいい中歯オオクワゲットされ、大変刺激を受けました!

オオクワ採集に切り替えます。

採れるまで、帰れません(甘い)

ニレ、クヌギの大木をランガンします。

ニレの大木 コヒラタ

fff16.jpg

ニレの大木 62ヒラタ
fff17.jpg

高所洞 オオではない、しかしデカいか?
fff18.jpg

65up
fff19.jpg

ここも64ヒラタ
fff20.jpg

ここも65ヒラタ
fff21.jpg

高所洞 オオではない、しかしデカい(この繰り返し)
fff22.jpg
fff23.jpg

艶消しの年季の入ったオオヒラタ
艶消しブラックかっこいい! 67up

fff24.jpg

日付はとっくに回っている。
無数の大木を回った。(膨大な写真あり)
いったい何回、梯子をかけただろう。
高所洞を何回ものぞいたが、オオはいない。
この暑さで16kgの梯子を持ち、山を歩きまわるのは、大変きつい。
夜間で26度だが、湿気ムンムンで、熱中症の危険が出てきた。
ポカリスエット900ml 4本消費。
汗だくで、服や手袋を何回か交換。
もう限界です。

残念ですが、ここで終了です。

オオクワ撃沈です。

結果
左から、65、64、32、67、65

fff26.jpg

fff27.jpg
fff28.jpg
v13.jpg
v14.jpg

P1130190.jpg
P1130442.jpg

最後までありがとうございました。

おまけ。Fatalさんへ
深夜3時頃、こんな個体に出会いました。頭部のないヒラタです(怖)。
何かに食われた直後と思うのですが、普通、尻部を食うはずなのですが。
歩いていました。怖いです。

P1130502.jpg

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

wild okuwa

Author:wild okuwa
自然が大好きな中年男性です。小学校の頃、昆虫少年で、タガメやオオクワガタを追いかけていました。中学から大人まで、採集から遠のいていました。子供が生まれ、「お父さん、クワガタを買って」と言われ、「クワガタは買うものではないよ。採るものなんだ。」と述べ、採集に連れていき、自分がはまり再燃しました(笑)。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

2020新規開拓 (4)
2020樹液採集 (14)
2019新規開拓 (2)
2019樹液採集 (14)
2018樹液採集 (28)
2018新規開拓 (16)
2017樹液採集 (23)
2017新規開拓 (12)
2016樹液採集 (31)
2016新規開拓 (10)
2015樹液採集 (43)
2015新規開拓 (18)
2014樹液採集 (27)
2014新規開拓 (6)
2013 樹液採集 (9)
思い出の採集 (6)
WILD OOKUWA (7)
標本 (6)
採集道具 (7)
KNIVES (8)
懐中電灯 (7)
廃道 隧道 廃校 ダム (7)
OTHER (15)
未分類 (2)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

NOW COUNT

現在の閲覧者数:

COUNTER

Template by たけやん